「レーザレーダー用計測ユニット(SUC-300-LA)」をご紹介します。

トップページ製品ラインナップフォトンカウンタ>SUC-300-LA

レーザレーダー用計測ユニット (SUC-300-LA)

SUC-300-LAレーザレーダーはレーザ、検出器、計測ユニットで構成されています。
本ユニットはレーザレーダ(ライダー)専用に特化した計測ユニットです。
検出器は別売りとなります。

1回のレーザ励起に対して2000個のデータを連続に取得するため、高出力・低繰り返しのシステムに最適です。
データ積算回数が設定でき、より統計的に精度を上げることが出来ます。

PDF暫定資料PDFカタログ(587KB)

特長 用途
・ゲート時間:最小10ns(時間分解能)
・時間表示・距離表示が可能

・レーザ励起トリガ信号源を内蔵で外付け信号源不要
・検出ヘッド、1CH検出
・ドライバーソフト:標準添付
・電源はUSBより供給
・外形:W88×D66×H30
・レーザレーダ(ライダー)の時系列信号処理
・レーザレーダーを使用する実験など

基本仕様

入力信号 TTLレベル 1CH
ゲート時間 10ns~10μsの範囲で10ns刻み設定画面から数値入力
最大カウントレート 10Mcps(1秒換算)
最大カウンタ容量 128カウント
外部出力トリガ 繰り返し周期:ゲート時間×4096
データ平均回数設定 画面に回数設定 1~50,000回
トリガ出力レベル TTL 正論理 200ns
データ数 2,000固定
横軸スケール 20μs~20ms 自動設定
動作OS Windows XP、Vista、7(32/64bit)
インターフェース USB2.0
外径寸法 (W)88×(D)66×(H)30

「フォトンカウンタ」一覧へ戻る