「石英系ファイバ用OTDR青色光タイプ(OTDR-2100GOF-400)」についてご紹介します。

トップページ製品ラインナップ光ファイバ検査装置>OTDR-2100GOF-400

石英系ファイバ用OTDR青色光タイプ(OTDR-2100GOF-400)

石英系ファイバ用OTDR青色光タイプ(OTDR-2100GOF-473)ファイバ途中に光励起が必要な測定に最適

青色光(400nm帯)のレーザを使用した高分解能OTDR。
ファイバの経路に蛍光物質が存在する場合に発光量(相対量)と位置の解析が可能です。

波長は、405,440,473nmなどが選択可能です。ファイバは、各波長でシングルモードファイバを使用します。
※473nmでは、コア系3.5μmコアです。

PDFカタログ(403KB)
仕様・型番等はカタログにてご確認下さい。

特長 用途
・青色光(400nm帯)のレーザを使用
・フォトンカウンティング方式を採用、微弱発光の位置を測定
・各種解析が可能(外傷、伝送損失等)
・Windows準拠ソフトで簡単操作
・光ファイバ内の微弱蛍光発光の位置分解測定
・光ファイバ内の欠陥検査 など

※数m〜数十mの短いファイバを測定する場合、OTDR本体と測定するファイバの間にダミーファイバを使用することがあります。
※Windowsは米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標です。
※本製品はレーザを使用しています。「レーザ機器のクラス分け」はこちら

関連製品:石英系ファイバ用OTDR(OTDR-2100GOF)

動画を見る無料動画サイト「You Tube」にてOTDRの測定デモを公開中。
※「You Tube」で動画をご覧になる際は、「Adobe Flash Player」が必要になります。


お問合せはこちらから

「光ファイバ検査装置」一覧へ戻る