「航空機用OTDR(OTDR-2100GOF-AP)」をご紹介します。

トップページ製品ラインナップ光ファイバ検査装置>OTDR-2100GOF-AP

航空機用OTDR(OTDR-2100GOF-AP)

航空機用OTDR(OTDR-2100GOF-AP)航空機内の光ファイバ配線の性能評価

航空機内を光ファイバにするメリットは、配線の軽量化・耐ノイズ性・配線艤装の工期短縮などが上げられます。
本OTDRは、航空機に使用する非常に短い光ファイバーを1cm単位の高位置分解能で検査するため開発されました。

PDFカタログ(241KB) 
仕様・型番等はカタログにてご確認下さい。

特長 用途
・高位置分解能:1cm。デッドゾーン業界最小!!
・フォトンカウンティング方式採用
・各種解析が可能(外傷、伝送損失等)
・EU安全規格 CEマーキング対応品
・Windows準拠で簡単操作
・機体内のファイバ配線の性能評価

高位置分解能で短距離測定に最適

←イメージ図

OTDR-2100GOF-APでは、0〜200mの区間を1cmでピンポイントに測定。
外傷・欠陥・伝送損失など僅かな異常も見逃しません。
まさに、短距離測定に最適なOTDRなのです。

※数m〜数十mの短いファイバを測定する場合、OTDR本体と測定するファイバの間にダミーファイバを使用することがあります。
※Windowsは米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標です。
※本装置は地上における光ファイバの性能評価を行うものです。光ファイバを組込んだ航空機性能の保証又は航空機の運用結果についての保証をするものではありません。
※本製品はレーザを使用しています。「レーザ機器のクラス分け」はこちら

関連製品:石英系ファイバ用OTDR(OTDR-2100GOF)

動画を見る無料動画サイト「You Tube」にてOTDRの測定デモを公開中。
※「You Tube」で動画をご覧になる際は、「Adobe Flash Player」が必要になります。


お問合せはこちらから

「光ファイバ検査装置」一覧へ戻る