暗幕でレーザを遮光する「衝立型レーザ遮光カーテン」をご紹介します。

トップページ製品ラインナップ暗室・レーザ遮光カーテン>衝立型レーザ遮光カーテン

衝立型レーザ遮光カーテン(LS-P)

衝立型レーザ遮光カーテン設置するだけで遮光スペースに

衝立型レーザ遮光カーテンは、1方向に飛ぶレーザ光をレーザ遮光に優れた暗幕を使用し、外部漏れを防止しています。簡易的にレーザを遮りたい場所にオススメです。
(※レーザのエネルギー密度・照射時間によっては、対応できないものもございます。)

シンプルな構造で組立も簡単。(組立時間:約15分)
また、複数個使用することで簡易的な遮光スペースを作ることが出来ます。

▼暗幕のレーザへの耐久性について確認する(PDF)
「レーザ機器のクラス分け」について

30mW以上のレーザ出力を遮光されたい場合は、レーザ安全カバーをご検討下さい。

特長 用途
・レーザビーム及びその散乱光の遮光
・2枚以上で遮光スペースを自由にレイアウト出来る

・波長:375nm〜1600nm(紫外〜可視〜近赤外領域)
・暗幕の適応レーザ出力:0~約30mw程度(連続光)
・レーザ光線による障害防止対策用
・レーザ作業者以外の部外者に対する安全対策用

使用イメージ

使用イメージ

設置レイアウト例

衝立を複数並べることで遮光スペースを自由にレイアウト出来ます。

設置レイアウト例

型番・骨格図

型番 幅(mm) 高さ(mm) 重量
LS-P1 1200 1600 約3.5kg

※フレーム:スチール製
※衝立型レーザ遮光カーテンにつきましては、特注サイズの製作は行っていません。予めご了承下さい。

■注意事項
※ 簡易暗室・折りたたみ式暗室内、レーザ遮光カーテンでレーザの使用を検討している方は、必ず「暗幕のレーザへの耐久性について」(PDF)をお読み下さい。


簡易暗室に関する価格、納期など、どんなことでもお気軽にお問い合わせ下さい!!

ページの先頭へ戻る
「暗室・レーザ遮光カーテン」へ戻る