「小型簡易暗室:顕微鏡用途型」をご紹介します。

トップページ製品ラインナップ暗室・レーザ遮光カーテン小型簡易暗室>顕微鏡用途型

小型簡易暗室 顕微鏡用途型(B-M)/クリーンルーム対応(B-M-CN)

使用イメージ図顕微鏡用途型の小型簡易暗室です。
「スペースが限られている」、「顕微鏡などの複雑な形状の装置を入れたい」場合に最適な暗室です。

この顕微鏡用途型は、骨格の天井部分が日差しのように支柱より手前に飛び出しています。(左上”顕微鏡用途型 使用イメージ”参照)

入口は、通常タイプ(B-M)の場合面ファスナー、クリーンルーム対応(B-M-CN)の場合マグネットシートを使用しています。

暗幕の入口は、前側、後側のどちらからでも開けることが出来ます。また、前側の暗幕は、面ファスナーで途中で留めることも可能です。


小型簡易暗室 顕微鏡用途型(B-M)/クリーンルーム対応(B-M-CN)小型簡易暗室カタログPDFカタログ(683KB)
仕様・型番等はカタログにてご確認下さい。

※面ファスナーとは、面的着脱可能なファスナーです。
※クリーンルーム対応品はクラス10,000程度まで
※小型簡易暗室の特長・用途や暗幕の詳細については、小型簡易暗室のページにてご確認下さい。
▼小型簡易暗室のページを見る
※サイズによってカーテン式またはクロス式での製作も可能です。

※ 簡易暗室・折りたたみ式暗室内、レーザ遮光カーテンでレーザの使用を検討している方は、必ず「暗幕のレーザへの耐久性について」(PDF)をお読み下さい。

B-Mシリーズは、下記のような顕微鏡にお使いいただけます

■生物顕微鏡
正立顕微鏡、偏光顕微鏡、倒立顕微鏡、共焦点顕微鏡、蛍光顕微鏡
■工業顕微鏡
正立顕微鏡、倒立顕微鏡、落射顕微鏡


型番・骨格図

2008年度より、型番を更新しています。
各型番をクリックすると骨格図(PDF/41KB)が表示されます。

型番
(通常タイプ)
型番
(クリーンルーム対応)
サイズ(mm)
幅(W)×奥行(D)×高さ(H)
B-M1 B-M1-CN 580×790×800
(D1)200 (D2)540 (D3)50
暗室設置に必要なスペース
(W)580×(D2)540
B-M2 B-M2-CN 580×850×800
(D1)200 (D2)600 (D3)50
暗室設置に必要なスペース
(W)580×(D2)600

※入り口形状やサイズにより、実際の骨格形状とは異なる場合があります。サイズは最大外形寸法で表示しておりますので、ご注意ください。(パイプの直径は約30mmです)
※梱包状態の目安 (B-S8の場合)
サイズ:700×700×100mm/重量:約6kg/個数:1個口

天井の骨格が組み立てられた半完成品状態での出荷となります


簡易暗室に関する価格、納期など、どんなことでもお気軽にお問い合わせ下さい!!

ページの先頭へ戻る
「小型簡易暗室」へ戻る